これが私の生きる道?!

第二章 ようこそ! ユメノ荘へ ⑶

「そんで、今夜のメニューは!? 」
「今のところ、お刺身にしようかと」 
 くるみには、悪気がない。
 静香も、それは知っている。
 だが、今にも失神して昏睡状態の寸前にまでいきそうな桜井を横目に、静香は本気モードで腕を組んで考え込み始めた。
 その真剣さに、
「どうかしましたか」
 くるみが静香の顔を覗き込んだ。
 しかし、唸るだけで静香は何も言わない。 そして、五分ぐらい経過した。
 鮪も解凍していた。
 静香はくるみの肩に手を添えて、真剣な表情で言うた。
「なぁー、シェフ」
「はい、何ですか? 」
 くるみは、純粋無垢な顔を静香に向けた。「人間、一個ぐらいは死んでしまう寸前な程に、嫌な食べ物があるのは分かるだろ? 」 これ以上にない、切り出しだ。
 この一言ならば、普通はどんなに鈍感な人でも気付くはず。
 いや、気付いて当然だ。
 静香、特に桜井は祈るように待った。
 くるみは静香の真似ではないが真剣に考え込み、軽く手打ちをした。
「お二人とも、もしかして……」
 思わず、静香は拳を握り締めた。
 桜井も急に立ち上がった。  
 二人とも、救われる寸前に到達したと思われた。
 だが、自称『料理の哲人』は違った。
「お刺身が嫌いなんですか? 」
「いや、刺身というより、その材料に問題がある……って、なにしてんの」
 いつの間にか哲人は静香に聞く耳を持たずに、ガスコンロに点火して鉄製のフライパンを熱し始めた。
 桜井も呆然と見つめる。
 そんな二人に振り向き、笑顔で答えた。
「やはり、鮪のステーキに致しましょう」 静香は、
「こりゃあ、アカンわ」
 額に手をあてた。
 桜井は打ちのされて燃えつきたボクサーよりも酷い仕打ちを受けた後のように、その場に全身を強く打って倒れてしまった。
 ただ一人、不思議そうに二人を見るくるみは、
「う〜ん、いい匂い」
 と、最後まで気付かずに調理を始めたのであった。

トツドル!

突然の呼び出し ⑶

「ぜ、全国放送? 」
私は口に含んだコーヒーを噴き出しそうになったぐらいに驚いた。
香織さんも今回ばかりは目がテンになっている。
「はい。HKシスターズは正直に言ってまだデビューしてから日が浅いということで地元の認知度が低いです。まだまだ全国放送なんて無理だと思いますが一気にお二人にはトップアイドルの仲間入りをして頂きたいと思いオファーを受けています」
「お、オファーと言われましても…私達の活動の一環でしょうか? 」
香織さんも慎重だ。それもそのはず。まだまだ広峰マネージャーの言う通り私達はまだ日が浅い。地元でもHKシスターズ? なんて名前も知らないだろう。
唯センパイが話す。
「自分は姫川クンの中の人だからはっきりとは言えませんがお二人はいずれ出る場所だと思いますよ。ご当地アイドルの活動は姫川市内も大切だろうけど市外から人を呼ぶ目的こそ大事ですよ」
さ、さすが最上級生。冷静な判断だ。
「まぁ、いきなりすぎて驚くのも無理はありません。あくまでもオファーの了承はHKシスターズの了解が無いと私も相手側も内容を詰められないのが現状です」
広峰マネージャーは紅茶を飲む。
私はケーキを食べ終わる。
「どうする? 芽衣ちゃん? 」
香織さんがいつに無くあたふたしている。
「どうすると言っても…。香織さんはどうなんですか? 」
あたふたする香織さんも可愛い。
「わ、私は出て姫川市が伝わるのならそれはそれでいいけど…」
「なら決まりじゃないですか。まだ曲がないから主に姫川市の案内なら伝えられますよね? マネージャー」
と、広峰マネージャーに振る。
「ま、まぁ、ご当地案内なら役所的にも無難です」
「はい、決まり! 私達、出演します! 」
「め、めめめ、芽衣ちゃん? 」
この時の私は何も考えていなかった。
この後のハードさを。
「ならば早速先方に知らせていただきますね。決意が揺らぐといけないので…」
広峰マネージャーがスマホをいじる。
「あ! HKシスターズの出演もですが、姫川クンの出演も決定していますので三人で案内をする収録もお願いしておきます」
姫川クン?
「実はこの企画、ご当地キャラクターとご当地アイドルの抱き合わせなんです。姫川クンはHKシスターズが出演しないとなると出番が無かったので正直なところホッとしています」
唯センパイは本当に嬉しそうだった。
ただ一人、香織さんが沈黙をしている…。
そぉっと覗いてみるとなんか真っ青になっていた。
「か、香織さん、大丈夫ですか? 」
「え、ええ。ちょっと本当にビックリしちゃって…。唯さんもなら心強いね」
し、心配だ。
普段は私よりもずっと心強い香織さんが。
「それでは収録は来週末になります。そして本番はHKシスターズにはライブもお願いします」
「「「はい! 」」」
HKシスターズ、新しい目的が出来ました!

これが私の生きる道?!

第二章 ようこそ! ユメノ荘へ ⑴

 ここは、奈々子が住んでいる寮である。
 さすが元温泉旅館と言うこともあり、趣のある白壁に日本瓦、本格的な昔ながらの木造建築の建物である。
 土地だけでもざっと見渡しても、三千坪はあるだろう。庭はもちろん日本庭園あり、枯れ山水ありの四季折々の風景を楽しめるはずだ。
 だが、今は寮である。
 これだけの旅館であれば、何も寮に商売替えしなくても良かったのにと呟く人もいたというが、それも今や昔である。
「あら、冷凍鮪が……」
 その元調理場、今のキッチンルームに若い女性が冷蔵庫を見つめていた。
 冷蔵庫には、三枚にも下ろされていない鮪が丸ごと入っていた。
 ただの冷蔵庫ではない。
 人が楽々と立って入れる、特別製の冷蔵庫だ。
 見た目でも百パーセントののんびり屋を絵に描いたような雰囲気を漂わせ、凍り付いている鮪をなんとか取り出した。
「そういえばぁ。今日かしら、新しい人が来るって」
 取り出したはいいが、調理するのに困っている御様子。
 普段は絵に描いたようなのんびり屋でも料理に対しては、彼女自ら唱える。
 自称『料理の哲人』だと。
 普通は『鉄人』が正解なのだろうが、彼女は料理にも哲学があると信じ切っているらしい。
 頭では色々と浮かんでいるらしいので、聞いてもらいたい。
「叩きでもいいかしら」
 それは、鰹。
「ムニエルもいいわね」
 一体、何人分作るつもりだ。
「丸ごとそのまま、残酷焼きでもいいわ」 調理だけでも夜が明けてしまう。
「シンプルに山芋をかけて、丼にするものいいわ」
 と、パンと手を合わせさっそく市販品の冷蔵庫を開けたが、
「やっぱり、他の物にしよう」
 どうやら、なかったようだ。
 と、思案して小一時間。
「お刺身がいいわ。イカもあったし」
 うんうんと、二回ほど頷いて調理を始めようと包丁を取り出した。
 そして、鮪の頭を見て思った。
「兜焼きもいいわね」
 と、視線が自然に既に沸騰しているゴールドに輝くフランス料理では定番の鍋と、下を向けば大きいが鮪の円らな瞳が見える。
 うーんと、これまた定番のポーズで唸りながら考え込むモードに突入する寸前、次に彼女の視線に入ってきた物体によって遮断された。