トツドル!

特集!HKシスターズ!⑴

翌日の朝。教室に着いた早々と翔菜に指差しされた。

「芽衣、やりすぎ! 」
翔菜だけではない、サツキや美里も頷く。
「いくら雨でライブが中止なりそうだからって、何も芽衣が脱ぐことないだろう。」
「そ、それにね、芽衣ちゃん、南畝さんを巻き込んだらイケないと思うんだ。」
ライブの内容はそっちのけ。
三者三様にライブ前に衣装を脱ぎ捨てた方に話が出た。
「…はい、充分に反省しています」
結果は大盛り上がりしたからいいと思うんだけど…。
「HKシスターズ、暫く活動中止かなぁ~」
翔菜が縁起でもないことを口走る。
「そうだなぁ、ご当地アイドルがいきなり脱ぎだすなんて前代未聞だからなぁ」
続いて美里が!
「ってことは、学校からも呼び出しが? 」
最後はサツキが言う。
「ま、まさか、あり得ないよー」
と、不安なのは隠せない。そうだった。こんなことが学校にバレたらアイドルどころじゃない!
高校生活が台無しになる。
スマホのバイブの振動が伝わる。
画面を見て確認をしたら香織さんからだった。

「香織さん? 何だろう⁇ 」
と、送られたメールをチェックする。
「ほら! 多分、運営側からのクレームを伝えてきたに違いない」
翔菜がしつこく言うが、とりあえずメールを直視する。
「なんて書いているんだ? 芽衣」
美里が画面を覗き込む。
私は画面を見て閉じて深呼吸をした。
「や、やっぱり芽衣ちゃん…」
サツキが心配になっていた。
一秒、二秒、三秒と。
そして満遍な笑顔を見せてた。
「な、何、ナニ? 」
翔菜が気持ちの悪い感じで私を見る。それは美里にサツキも。
「ほら! ケーブルテレビに私達のコトが放送されるって! 」
三人にスマホ画面を見せた。
香織さんから送られたケーブルテレビの番組表を。
「HKシスターズ特集だよー。絶対に録画しなきゃ! 」
私が慌てて家にいるママにメールを送ったのは言うまでもない。
「でもさぁー、あのライブがまるまる放送されるってことはないね、絶対! 」
翔菜がキッパリと言い切る。
「だよなぁ。芽衣達が脱ぐところはやはりカットされるだろうな」
「そうだね。芽衣ちゃんの予期しない行動をまるまる放送したらそれこそ姫川市のイメージダウンだから」
美里やサツキまでキッパリと言い切る。
た、確かにそうかもしれない。しかしそれが無かったら私達HKシスターズの初ライブが成功しなかったワケで…。
「でも芽衣の初ライブ、私は好きだなぁ。アイドルのオーラはわからないけどステージにいた芽衣達はスゴかった」
「翔菜…ありがとう」
一番辛口だろうと思う翔菜が褒めてくれた。
「でも二度と衣装を脱がない! 投げない! あれは場を盛り上げたんじゃなくて、言い方を変えたらただの痴女だよ」
ち、痴女!
「…だよな」
美里やサツキも頷いた。
「反省しています」
私のパフォーマンスはただの恥晒しになっていました。

投稿者:

創作人 Wordpress

小説と詩を書いています。 「月の詩」シリーズをAmazonにて販売&配信中です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中