これが私の生きる道?!

第一章 お笑いなんて、大嫌いっ!! (1)

さて。
この男がいた時間から、およそ一時間前に話は遡る。
カリカリカリ。
カリカリカリカリ。
何処にでもある、普通のマンションの一室である。
階数を数えれば、七階にあたる。
カリカリカリカリカリ。
近付けば、その奇っ怪な音が増してきているのが分かるだろう。
その奇っ怪な音を出している原因は、
「ふぅー。やっと、終わった。」
勢い良く、パタンと電話帳にも負けていない分厚い参考書を閉じて、ポニーテールの彼女は安堵感溢れる言葉を吐き出した。
季節は、真夏である。
外に出れば、それはそれは頭が貧血を起こすかもしれない程の猛暑だが、今の彼女には本来は無縁であった。
彼女は冷蔵庫からアイスを取り出し、
「やはり、この三次方程式でつまずいたか。」
先程の参考書を改めていた。
先程の参考書、つまり滅多に得意とされない数学の参考書を終えたばかりであった。
「はぁー。しんどいわ。」
牛乳ビンのビン底のような眼鏡を外し、彼女こと現役の受験生、篠原瑠伊るいはベッドに横たわった。
本当であれば、こんなに太陽が燦々と輝いて、蝉もうるさく鳴っている一日は、
「プールに行って、カッコイイ男にナンパされたいのに。」
という具合に、いきたいのが本人の理想らしい。
だが、現実は甘くない。
それは、ベッドの真横にある机の上に山積みされている参考書が物語っている。瑠伊には受験という苛酷すぎる現実が待っているのだ。
彼女は、時々だがこんな愚痴を言うようになった。
「はぁー。大学受験なんて止めて、レコード会社関係のオーディションでも受けようかなぁー。トントンと行けば、再来年の長者番付に載るかもしれない。」
完全な現実逃避だ。
世の中、プロの歌手でトントンといっても長者番付と新聞に載るのは難しい。
第一、瑠伊が歌手志望なんて言っても、誰が信じてもらえるのだろうか。
彼女はただの受験生ではない。お気楽な愚痴が言えるのも、予備校でやる全国模試で全国トップをキープしている、保証書付きのガリ勉女なのだ。

投稿者:

創作人 Wordpress

小説と詩を書いています。 「月の詩」シリーズをAmazonにて販売&配信中です。