トツドル!

ゲリラライブ?!

本日はHKシスターズはお休みなのですが…「芽衣ちゃん、今日の放課後の予定は無い? 」「まぁー、特に何も。」「なら私とデートしよう。」 っていうことで、香織さんとデートしています。 まぁー、普通にデパートで買い物したりカフェでお茶をしているんですけどね。 普通に遊んでいるだけだよね。「香織さん、香織さん! HKシスターズはお休みなんでは…。」「だからこそ私は普段の芽衣ちゃんが知りたいの。この前は私のコトあれこれと聞いていたじゃない! 」 確かに香織さんの家にお邪魔した時はついいつものヲタの調子で根掘り葉掘り聞いてしまった。「私なんか…。」 ヲタ以外には何もない。「例えばインタビューで芽衣ちゃんの話で振られて話せないなんてイヤでしょ? 」「あ、確かに。」「でしょ? だから芽衣ちゃんのことを知るデート。」 鼻歌交じりに香織さんは実に楽しそう。 屋上のテラスでそんな香織さんを見ていると私達の服を引っ張る感じが下の方から感じた。 視線を落とすと小学生程の女の子が立っていた。「どーかしたかな? 」 また迷子かな? 香織さんと初めてしたライブを思い出す。「間違いない! このお姉ちゃん、アイドルだ! 」「え⁇ 」 いきなりで驚く。「この前にテレビでみたもん。ねぇ、お姉ちゃん。なんてアイドルなの? 」「あ、あのぉー…。」 と何とかしなきゃと思いつつ話そうとする私の前に「芽衣ちゃん、私達のコトを紹介しましょう。」 香織さんが言い出した。「だ、大丈夫ですか? 騒ぎになったら広峰さんに怒られちゃいますよー。」「大丈夫。反対に断ったらネットで書かれて評判を落とした方が更に怒られよ。姫川市を背負っているから。」「でも歌はどーするんですか? いきなりで用意していませんよ。」「そこはなんとか乗り切りましょう。」 えー! っていうことで…。「私達のコトをテレビを見て知った人ー! 」 香織さんの一声で周り一斉に手を挙げた。 やはり地域限定のローカルと言ってもやはりテレビ!「私達のユニット名は? 」 やはり知らないみたい…。 首を傾げる人が大半だった。「私達は姫川市を盛り上げる為に結成されたHKシスターズです! 」 声を揃えて言ったが反応はイマイチ。 そこで香織さんの提案。「今日はお姉さんの曲を聴いて覚えてね。」 って、まさか曲なしで⁉︎ 半分泣きそうになっていたがいきなり曲が流れ始めた。 え⁇ う、嘘! 驚きのまま、私達はなんとか乗り切った。 その帰り。「まさか本当に曲が流れ始めたので良かったですね、香織さん。」「本当。でも私達の曲って未発表曲だから…。」 推測する香織さんの横で私のスマホにメールが届いた。「誰からだろう? 唯センパイから?『先程はお疲れ様でした。お二人さんのゲリラライブが見れて良かったです。因みに曲は私のスマホに収録してあったので放送室のマイクをお借りしました。』って…唯センパイ、来ていたんですか?」 なんと唯センパイがあの場にいたらしい。 確かに見当たらなかったけど….、子供達と親御さんとうさぎの着ぐるみ…。「あ! もしかして! 」「芽衣ちゃん、多分正解! 明日、お礼を言わなきゃね。」 「はい。」 唯センパイに感謝して安堵する私達なのでした。(続く)

投稿者:

創作人 Wordpress

小説と詩を書いています。 「月の詩」シリーズをAmazonにて販売&配信中です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中