トツドル!

初めてのレッスンで

今日はアイドルになってから初めての自主練習の日です。 今までは香織さんの振り付けを見よう見まねでしか分からなかったから少しばかり緊張感があります。「なんだか心配だなぁ。」「芽衣ちゃん、どーかした? 」 香織さんは股を開いてストレッチをしているが…「香織さん、柔らか~い。」「毎日家でもしてるから。小さい頃はバレエを習っていたし。」 さすがお嬢様。 普段は私よりも大胆な行動をしているが…。「芽衣ちゃんは運動系は苦手? インドア派? 」「アウト側なら動画なんてしていませんよ。」「でも最近は更新していない様だけど? 」 ゔっ。 イタイとこを突かれた。 最近は夜はしっかり寝てしまい学校の宿題で精一杯だった。「今したら私だってバレるでしょう、香織さん! 」 誤魔化す。「そう? てっきり宿題で精一杯だったと思ったよ。ウチらの学校、案外進学系だから宿題だけは多いから。」「あははは…。」 バレているよ。「でも香織さんは勉強はしているんですか? アイドルばかりしていると受験が大変じゃないですか? 」 少しイタズラ。 私も同じようにストレッチを行う。「私? 受験は無縁かな。いずれ留学になると思うし。」「留学…ですか。」 わぁ。 どこまでワールドなんだ。「うん。色んなことを吸収していずれこの街に戻ってきた時に役立つように。アイドルをしているのもこの街のことをよく知る為かな? 」 「へー…。」 やっぱり凄いなぁ。 私は今で精一杯なのに。「芽衣ちゃんは? やっぱり大学に⁈ 」「え? まだ何も…。」「そうだね。まだ一年だから今からゆっくり考えていくといいね。それでは身体もほぐれてきたし始めますか! 」「はいっ! 」 CDプレイヤーのスイッチを押した。 レッスンは新曲だが2曲ある。 それぞれビートが違うが聴いたら多分好きになりそうな二曲だ。 タン タン タン ターン タン タン タン タン ターン「はい! ここで左右入れ替わり! 」「え、え⁈ 」 あ、足幅が…「芽衣ちゃん! ステップを大きく! 跳ぶように!」「は、はいっ! 」 動画のクセで上下や左右に入れ替わりに動くダンスが上手く出来ない。 香織さんは最初に「ステージの大きさをイメージしてステージを最大限に使うことがダンスの秘訣だよ。」 と言うものの…カメラを意識するクセがついてどうしても留まってしまう。 だから振り付けもステージを半分使うような振り付けにしてくれている。「難しいです…」 息を切らしていた。 香織さんが余裕がある顔でドリンクを渡してくれた。「余裕ですね、香織さん…。」「…まぁ、日常だからね。」「そうですね。香織さんは私よりも長いですからね。」 一口だけ口を含ませて蓋を閉めた。 タオルで流れる汗を拭き、立ち上がる。「さてと…」「もうするの⁇ 酸欠になるよ。」「大丈夫。私だって伊達に動画していませんから。それに早く香織さんに追いつきたいしね。」 香織さんの唇が緩んだ気がした。(続く)

投稿者:

創作人 Wordpress

小説と詩を書いています。 「月の詩」シリーズをAmazonにて販売&配信中です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中